読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人物叢書「継体天皇」

読書の記録

読書の記録もつけておこう。

 

吉川弘文館人物叢書継体天皇」です。

出版社名にもシリーズ名にも安定感がありますね。

 

大学の卒業論文継体天皇周辺を書いたこともあり、読もうと思っていました。

発売(2016年1月)から半年以上経ってようやく読めました。

 卒論書いているときに発売されてなくて良かったの一言に尽きます。

当時、色々と調べたんです。

Ciniiで論文検索したり、参考論文を延々遡った全部、この一冊に入ってます。

卒論書いている時期に発売されていたら、丸パクリになっているところでした。

 

継体天皇の出自の背景、即位時の事情、政策の意図がまとめられています。

ここで要約を詳述するのもつまらないので、気になる方は書店か図書館へどうぞ。

 

 では。